女王のお取り寄せ:その2「伊万里のねぎ」

伊万里は焼き物だけじゃございませんわよ

「伊万里」と聞くと焼き物を思い浮かべる方は多いでしょう。きっと貴族の皆さまのお宅には、国宝級の古伊万里がうなっているかもしれません。でも、それだけじゃないんです。伊万里は素晴らしい農産物でも知られる土地で、特に「おねぎ」の味がよいことで有名です。

「ねぎ名人 前田さん」に惚れこんでます

その伊万里で「ねぎ名人」と言われる方が前田さん。この方がお作りになった「ねぎ塩」に、数年前デパ地下で出会って以来、女王はもう前田さんの信者です。いくつか商品がありますが、どれもこれも美味しくて活用の幅が広いのが素晴らしい。さすがオールラウンダー「ねぎ」ですね。今回の女王は押しかけ販売員でございますわ。ぜひ皆さんもこの美味しいおねぎの魅力を味わってくださいませ。

まずは基本の「香りねぎ」から

スーパーでも乾燥ねぎは手に入りますが、全く香りが違います。女王は本来、乾燥や冷凍の薬味は使わない主義で、ねぎは使う都度に切っておりました。しかしこちらはふわ~っとおねぎのよい香りがして、おうどんに入れても美味しかったので感動しました。

人数の少ないご家庭で、束のおねぎを持て余してしまう方には経済的です。女王はたくさん使うのでお得な大袋ですが、お手軽な小袋もございます。

女王が涙した「ねぎ塩」がこちらです

細かいねぎのパウダーが、お塩に混ぜ込んであります。パラパラと振るだけで、立ちのぼるねぎの香りと旨味。切っただけの野菜や、茹でただけの鶏肉が、たちまち気の利いたつまみに変身してしまう、手抜きにはぴったりのシーズニングです。

Image with no description

初めてこれをいただいた翌週、3本まとめて買って友人に配布しました(笑)それほど気に入ってしまいましたの。さらりとした細かい粉末のタイプと、お米くらいの粒に加工したものがございます。味は変わりませんので、お好みでどうぞ。女王がおすすめしたいのは、何も入れないねぎ塩オンリーの「焼きそば」です。見た目は地味ですけど、お味はとんでもなくラグジュアリー♡大人のあなたへ。

濃厚、ねぎまみれ「ドレッシング」

「ねぎが好き!」「ねぎの海で泳ぎたい!」そんなねぎ中毒の夢をかなえる濃厚ドレッシング。注ぎ口から「どろっ」という感じで出て参ります。濃いです、シャバシャバのドレッシングを想像していたらびっくりなさいますよ。

Image with no description

これはレタスなどのサラダというより、温野菜ですとか茹でたポテトですとか、迎え撃つ相手もしっかりしてる方がよろしいと思います。むしろ、お魚やお肉の方が合うんじゃないかと思うような、そんなパンチの効いたねぎまみれのソースです。

以上、熱く「ねぎ愛」を叫んでしまいました。実は女王は幼少時代、おねぎが嫌いな子供だったのですが、大人になって美味しさに目覚め、大好物になりました。きっと皆さまもそのような食べ物がおありになるでしょう。

何にでもマッチする万能薬味のおねぎ、お好きな方はぜひ佐賀のおねぎで新しいレパートリーを増やしてごらんになってくださいませ。